指定難病にかかる医療給付制度

[概要]

原因が不明で治療法が確立していない、いわゆる難病と呼ばれる疾患のうち、ベーチェット病や潰瘍性大腸炎などが指定難病として指定されています。患者さんの入院、通院、調剤薬局等にかかる医療費の一部(または全部)を公費で負担することにより、医療費の負担軽減を図り、その原因を究明することを目的にしているものです。対象となる疾患は難病情報センターなどのウェブサイトをご覧ください。

[支給内容]

医療保険適用後の自己負担額の一部または全額を公費負担します。
※保険診療以外の治療は対象外です。

[対象者]

埼玉県内に住民登録があり、厚生労働省の定める疾患にかかっている方のうち、同省が定める認定基準を満たす方

[申請できる人]

対象となる方ご本人もしくは保護者の方

[申請期日]

下記「難病対策について(埼玉県サイト)」をご覧ください。

[手続きなど詳しくは]

「難病対策について(埼玉県サイト)」をご覧ください。

難病対策について(埼玉県サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 広告掲載のご案内