妊婦健康診査・産後健診

[概要]

妊婦健康診査は、妊婦さんやお腹の赤ちゃんの健康状態を定期的に確認する大切な健診です。一般的に出産までに14回程度受診するのが望ましいとされています。
また、産後健診は、出産で変化した母体の回復状況と心の状況を確認し、その後の健やかな子育てのために、産後1か月頃を目安に行う大切な健診です。
妊娠及び出産は病気ではないため健康保険は適応されません。妊娠から産後までの健診を受ける際の経済負担を軽くするため、費用の助成を行っています。

[支給内容]

妊婦健康診査の助成券14枚交付
子宮頸がん検診・HIV抗体検査・HTLV-1抗体検査・クラミジア検査の助成券交付
産後健診の助成券1枚交付
※ただし健診費用が助成額を上回ったときは、超過分は自己負担(有料)となります。

[対象者]

川口市に住民登録のある妊婦さん及び産婦さん

[申請できる人]

申請は必要ありません。
(母子健康手帳と一緒にお渡しします。)

※転入された方は転入日以降の健診については、川口市発行の助成券の交付を受けて使用して下さい。平成30年3月31日までに妊娠届出をなさったかたには、産後健診の助成券を配布していないため、助成券が使える病院にその旨を申し出てください。

※ 転出する方は転出日以降の健診については、川口市発行の助成券が使用できませんので転出先の自治体にお問い合わせ下さい。

[申請期日]

申請は必要ありません。
(母子健康手帳と一緒にお渡しします。)

[手続きなど詳しくは]

「妊婦健康診査・産後健診の助成について(川口市サイト)」または「川口市で産後健診の助成が始まります(川口市サイト)」をご覧ください。

妊婦健康診査・産後健診の助成について(川口市サイト) 川口市で産後健診の助成が始まります(川口市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 広告掲載のご案内