ひとり親家庭等医療費助成

[概要]

ひとり親家庭などのお母さんお父さん、または養育者と、そのお子さんの医療費を助成します。助成を受けるには、医療機関を受診する際に、健康保険証および受給者証を提示してください。
※制度の対象外の医療機関で受診された場合は、償還払いの手続きが必要です。

[支給内容]

医療保険を利用して医療を受けた場合の自己負担分の一部

[対象者]

次のいずれかの条件に当てはまるお子さんとそのお子さんを監護している母、父または養育者
※お子さんが18歳になって以降、最初の年度末まで(一定の障害がある方は、20歳の誕生日の前日まで)が支給対象
●父母が婚姻(内縁関係を含む)を解消したお子さん
●父または母が死亡したお子さん
●父または母が一定の障害の状態にあるお子さん
●父または母の生死が明らかでないお子さん
●父または母から1年以上遺棄されているお子さん
●父または母が裁判所からのDV(配偶者からの暴力)保護命令を受けたお子さん
●父または母が引き続き1年以上拘禁されているお子さん
●婚姻によらないで生まれたお子さん

手当を受けられない場合があります。
●申請者が婚姻しているとき(内縁関係、婚姻届を提出していないが、事実上婚姻関係と同様の場合や同住所に異性のかたの住民登録がされている場合を含みます)
●申請者や児童が日本国内に住所を有していないとき
●申請者が公的年金を受けることができるとき
●児童が児童福祉施設等に入所しているとき
上記以外に細かな要件があるため状況により、手当の対象とならない場合がございます。

※生活保護を受給している方は対象外です。
※年金の受給を理由に児童扶養手当を対象外になった方も、ひとり親家庭等医療費は対象となります。

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「ひとり親家庭などの医療費支給制度について(川口市サイト)」をご覧ください。

ひとり親家庭などの医療費支給制度について(川口市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 広告掲載のご案内